BLOG

HAVANA CLUB

15.03.26

HAVANA_MODEL.png

キューバと言えば葉巻やキューバシャツ・・・

それからやはり何と言ってもラム酒。

ここ数年は日本でも人気のカクテル、「モヒート」でもおなじみです。

酒好きの中にはラムの銘柄にもこだわる方も多いんじゃないでしょうか。

そう、キューバのラムと言えば「HAVANA CLUB 」。

今シーズン「AFRO CUBAN」をテーマに掲げる五大陸は、HAVANA CLUBとのコラボでサマーダンディ・スタイルを提案します。

ラスティックな表情のポーラー素材のジャケットやブラウン系のスーツなど、クラシックだけど抜けのある、そんな夏のドレスアップスタイルです。

 

4/2(木)からスタートするキャンペーンでは、税込み¥20,000以上お買い上げの方に先着でグラスをプレゼント!

HAVANA CLUBのグラスを五大陸オリジナルボックスに入れたスペシャルパッケージになってます。

FullSizeRender.jpg

※キャンペーンは一部店舗での開催になります。詳しくは店頭スタッフまでお尋ねください。

またグラスプレゼントはなくなり次第終了となります。

大圃

HAVANA_POP.png

 

 

 

記事URL↑ページトップ

Dormeuil Man in "AFRO CUBAN"

15.03.20

ドーメルとのコラボレーションが4シーズン目を迎えました。

これまで「WEST MINSTER」「ROYAL TOROPICAL」「G TONIK」「Re:SPORTEX」「GENTLE BREEZE」「BACKINGUM」といった6つのオリジナル素材をリリース。

毎回やみくもに新しい素材を作るんじゃなく、シーズンごとにわずかな修正を加え進化させています。

ドーメル×五大陸のスーツに袖を通された方はご存知だと思いますが、これらの商品には双方のロゴマークを配した、特別なタグを使用しています。

これは互いに力を合わせより良いスーツを作ろうという、僕らの強い思いを表すタグです。

そして、そんな思いからまた新たなビジュアルが生まれました。

ドーメル社の宣伝広告を担う重要なキャラクター「ドーメルマン」。

ドーメルの上質な素材で作られたスーツをまとい世界各国を旅するエグゼクティブです。

そんな彼が今回、五大陸のシーズンテーマに合わせ旧ハバナ市街を闊歩します。

afro_dormeuil.png

空の色を何度も描き直してもらって完成した力作です!

 

オオハタ

記事URL↑ページトップ

五大陸五人男・2015春

15.02.27

gonin.png

五大陸五人男、2015春夏ver.。

昨日アップしました。

トップページからスペシャルサイトへ飛べます。

 

今シーズンのテーマ「AFRO CUBAN」をうけ、古びたバーや港町の倉庫をイメージしたビジュアルになっています。

そしてなんといっても今回の目玉はやはり…片岡愛之助さんのダブルのスーツスタイル!

この広告シリーズが決まったのは1年半前、あのドラマのあの役で愛之助さんが話題になるほんの少し前。

(確か1話か2話の放送が終わったばかりの頃でした)

その後、ドラマの視聴率はうなぎ上り。

とともに愛之助さんのダブルーツと赤いネクタイ姿も大人気に。

あまりにもそのイメージが強すぎたため、僕らはあえて愛之助さんのスタイリングにWブレストを選ぶ事はしませんでした。

 

あれから3度の五人男ビジュアル作成を終え、回を追うごとにたくさんのご好評を得ました。

そろそろ五大陸のスーツ姿でも、あの役に負けないくらいの格好良さをアピールできるんじゃないかなぁ…。

 

ということで、今回ついに解禁。

やっぱ愛之助さん、Wのスーツ。

似合います。

 

オオハタ

 

記事URL↑ページトップ

BRAND NEW STANDARD

15.02.24

— Re:birth of Cool Fabrics

2014春夏に引き続き、五大陸の素材作りの根幹となるコンセプトです。

「化合繊のテクノロジーに頼らず、古き良き時代から今日まで受け継がれている古の夏素材を、今の時代に適したものに作り直す」

昨年のドーメル「G Tonik」やカラーポーラーなどもそうした考えの中生まれました。

今シーズンは新たに五大陸のベーシック、スタンダードと呼べるべき素材を開発しようと生まれたのがこの「Dry SPINNER」です。

dryspinner.png

スーツ SR 0103-403 ¥63,000+TAX , ベスト VR 0103-403 ¥19,000+TAX

 

一般的に素材にハリコシを持たせる為に使う英国羊毛は、原毛の繊維が太いため糸自体も太い番手の物しかひけません。なのでタテヨコともに双糸使いのしっかりとした素材を作ろうとすると、どうしても地厚で重くなってしまいます。

それを改善するために特に夏用素材はヨコ糸単にせざるをえなくなり、結果、軽いけどシワになりやすい素材が多くなります。

今回五大陸はそれを改善すべく原毛から見直し、より細い繊維でしっかりとしたハリのある毛を持つ羊を探しました。

ヨーロッパ北部で生まれ、長い年月をかけオーストラリアに移り、高原地帯に生息する「South African German Merino」。

通常のメリノウールと同じ細番手をひくことができ、しかも嵩高性は2倍!

タテヨコともに双糸で織り上げ、ビンテージさながらのドライタッチの素材が完成しました。

スーツに仕立てると一目瞭然。

湿気の多い日本の気候でもへこたれない、キリッとしたスーツです。

 

オオハタ

記事URL↑ページトップ

SPRING COAT

15.02.14

2月も後半となりましたが、まだまだ寒い日が続いています。

春物が立ち上がってから降る雪も、すっかり毎年恒例といった感じ。

これが終わればもうすぐ本当の春。

もうしばらくウールコートは手放せそうもありませんが、今日は綿コートのご紹介です。

coat.png

CM 0202-033(ライトベージュ・写真の商品) ,063(オリーブ) ,034(ベージュ)

100% COTTON  ¥59,000+TAX

※写真のスーツは4月上旬出荷予定

 

オーガニックコットン「アルティメイト・ピマ」を使用したスプリングコートです。

上質な定番コートを作ろう、という思いから完成したこのコート。

素材はオーガニック100%「アルティメイト・ピマ」の原綿を使用し、スーツ地を得意とする尾州で丁寧に織り上げた自信作。

超長綿の特徴でもある光沢感と高密度に織り込んだ風合いは、着込むほどに体になじみ、その経年変化も楽しめる一着になってます。

 

もちろん長く愛用するためのこだわりは素材だけではありません。

デザインは極めてオーセンティックで、台衿のないバルカラーは首に沿うよう計算されたパターンメイキング。

そして着丈は裾さばきが美しい100cm(サイズ38)、ベルトでぎゅっと締めればエレガントなコートスタイルの完成です。

 

「ビジカジ」(-ビジネスとカジュアルの兼用)といった言葉がすっかり浸透し着丈の短いコートが人気の昨今ですが、こんな正統派のコートこそ本当に持つべき一着なんじゃないかなと思います。

おすすめです。

 

オオハタ

記事URL↑ページトップ

PAGE TOP