SPECIALITY

SLOW VINTAGE TIE

五大陸の物づくりにおける考え方に「SLOW VINTAGE」というキーワードがあります。
ヴィンテージさながらの素材感を再現するために、
原料の風合いを損なわぬよう、ゆっくりと織りしっかりと打ち込む。
そうしてできた布地は、ゆっくりとまた時間をかけて、
次の時代にヴィンテージとして受け継がれていくのです。

京都・西陣織で作られる五大陸のSLOW VINTAGE TIEは、まさに丹精込めた「技」の集大成。

工程ごとに精通した職人に依頼することで、質の高い物づくりを守る西陣織り。

手間暇を惜しまず、上質な絹を出来るだけ天然の状態に保つことで、やわらかな触り心地、

深みのある発色、そしてタイを締める時の「ギュッ」という絹鳴りを叶えています。

PAGE TOP