STYLE.01 春/セットアップスーツとコートの装い 出張時もエレガンスを損ねず、かつ機能的でありたいというビジネススタイルを形にした「TRANSFER CLOTHING」シリーズ。ストレッチ素材のセットアップスーツは、メッシュライニング仕様で自宅での洗濯も可能だ。ショルダーストラップ付きのステンカラーコートは、生地にシワ加工を施すことでポリエステル100%ながらコットンライクな表情に仕上げている。内側にはショルダーストラップを備えており、手持ちせずとも肩に背負う形で持ち歩けたり、ファスナー付きポケットや取りはずし可能なフードを備えるなどさまざまな機能を付帯している。

※トップ画面でも着用。

  • コート[CMGOYS0101]¥39,000+税
  • ジャケット[BZGOYM0302]¥39,000+税
  • パンツ[PPGOYM0401]¥19,000+税
  • ニット[KRGOYM0402]¥7,900+税
STYLE.02,03 春/スーツとジャケットの装い 素材と仕立ての両面から、通気性、軽量性、防シワ性にこだわった「AIR WEAR」。五大陸のドレスラインのなかでも、春〜盛夏に向けての中核となるラインであることは「五大陸(GOTAIRIKU)」の中心に「AIR」の文字があることが示している。副資材にはメッシュ素材のやわらかなものを、ジャケットの裏地やパンツのマーベルトには清涼生地を選定。ボタンも軽量化するなど徹底的にこだわった。表地には昨年も採用したイタリアのTALLIA DI DELFINO社の「ARIA3.1」とともに、新たに加わえられたのはドーメル社と共同開発した「LUSTER MOHAIR」。美しい光沢とハリ、コシ、撥水性を備えた盛夏用素材は空気を纏(まと)うような着心地を体感できる。
  • 左:
  • スーツ[SRGOYM0138]¥89,000+税
  • シャツ[HDGOYM0407]¥15,000+税
  • タイ[TRGOYM0504]¥14,000+税
  • チーフ[AS1AYM0111]¥4,500+税
  • 右:
  • ジャケット[BZGOYM0402]¥56,000+税
  • シャツ[HDGOYM0204]¥14,000+税
  • タイ[TRGOYM0601]¥14,000+税
  • チーフ[AS1AYM0302]¥9,000+税
  • パンツ[PPGOYW0201]¥18,000+税
STYLE.04 春/ニットジャケットの装い 青と白のメランジカラーがダスティーな風合いを醸すニットジャケットは、オンを気軽に、オフを優雅に過ごせる五大陸のカジュアルレーベル「1992 by gotairiku」からのコレクション。テーラード型だが袖の飾りボタンを排するなど、カーディガン型の着やすいモデルだ。伸縮性に富み保型性に優れるラッセル編みのニットは、シワにならずメッシュのように通気性に優れるため、いつでもどこでも上品なスタイリングに。Tシャツの上からも気軽にはおれて、自宅での洗濯にも対応する。
  • ジャケット[BRGOYM0304]¥29,000+税
  • ニット[KRGOYM0401]¥8,900+税
  • パンツ[PPGOYM0302]¥19,000+税
STYLE.05 春/ジャケットの装い 春夏のジャケットスタイルは、軽やかな素材感で差をつけたい。イタリア生地のサマーブークレーは、パイル地のように素肌に優しい素材。そのうえ、汗ばむ季節にも肌に張り付かずドライで快適だ。ウインドウペーン柄と調和する白いTシャツにコットンパンツ、ネイビー柄のネッカチーフを添えて、マリンを感じさせる大人の夏スタイルを。
  • ジャケット[BRGOYS0204]¥59,000+税
  • ニット[KRGOYM0402]¥7,900+税
  • ネッカチーフ[AA1AYM0201]¥6,500+税
  • パンツ[PPGOYM0302]¥19,000+税
  • ベルト[YR1AYM0202]¥16,000+税
STYLE.06 春/セットアップスーツの装い ベージュのセットアップはストレッチの効いたコットン×リネン。洗い加工でよりダスティーなトーンとなっているため、カットソー&スニーカーでカジュアルな着方が似合う。ここではカーキのスキッパーを合わせて同系色の装いに。色数を抑えたコーディネートはシックなムードを漂わせ、足元をスニーカーにしても大人の落ち着きあるスタイルとなる。胸ポケットにも、やはり同系色のブラウン柄のチーフを挿してドレッシーな気分もお忘れなく。
  • ジャケット[BRGOYM0501]¥30,000+税
  • ニット[KRGOYM0401]¥8,900+税
  • チーフ[AS1AYM0401]¥7,500+税
  • パンツ[PPGOYM0311]¥17,000+税
  • ベルト[YR1AYM0201]¥16,000+税
STYLE.07 春/ニットのTシャツとスキッパー 春夏のトップス一枚スタイルは、大人のエレガンスを保つため素材選びを慎重に。コットンベースのTシャツやスキッパーは、透けにくいダークカラーが基本となる。素肌に快適なシャリ感ある素材使いも、清涼感の決め手だ。襟元が開きすぎるのは、だらしない印象を与えてしまうため、ネッカチーフを巻くなどすれば、大人の品格も保たれる。
  • 左:
  • ニット[KRGOYM0401]¥8,900+税
  • ネッカチーフ[AA1AYM0201]¥6,500+税
  • 右:
  • ニット[KRGOYM0402]¥7,900+税
  • ネッカチーフ[AA1AYM0201]¥6,500+税
MASTHEAD

Editor at large
Teruhiro Yamamoto(AERA STYLE MAGAZINE)

Editor
Shingo Fujioka,
Yosuke Fujimori(AERA STYLE MAGAZINE)

Photographer
Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)

Stylist
Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)

Hair
Akino@Llano Hair(3rd)

Make-up
Riku(Llano Hair)

Illustration
Michiharu Saotome

Text
Yasuyuki Ikeda(04)

Web Direction
Ryo Imura(SUNDAY VISION)

Art Direction & Design
Shinsuke Koshio(SUNDAY VISION)

STYLE.01 春/セットアップスーツとコートの装い 出張時もエレガンスを損ねず、かつ機能的でありたいというビジネススタイルを形にした「TRANSFER CLOTHING」シリーズ。ストレッチ素材のセットアップスーツは、メッシュライニング仕様で自宅での洗濯も可能だ。ショルダーストラップ付きのステンカラーコートは、生地にシワ加工を施すことでポリエステル100%ながらコットンライクな表情に仕上げている。内側にはショルダーストラップを備えており、手持ちせずとも肩に背負う形で持ち歩けたり、ファスナー付きポケットや取りはずし可能なフードを備えるなどさまざまな機能を付帯している。
※トップ画面でも着用。
STYLE.02,03 春/スーツとジャケットの装い 素材と仕立ての両面から、通気性、軽量性、防シワ性にこだわった「AIR WEAR」。五大陸のドレスラインのなかでも、春〜盛夏に向けての中核となるラインであることは「五大陸(GOTAIRIKU)」の中心に「AIR」の文字があることが示している。副資材にはメッシュ素材のやわらかなものを、ジャケットの裏地やパンツのマーベルトには清涼生地を選定。ボタンも軽量化するなど徹底的にこだわった。表地には昨年も採用したイタリアのTALLIA DI DELFINO社の「ARIA3.1」とともに、新たに加わえられたのはドーメル社と共同開発した「LUSTER MOHAIR」。美しい光沢とハリ、コシ、撥水性を備えた盛夏用素材は空気を纏(まと)うような着心地を体感できる。
STYLE.04 春/ニットジャケットの装い 青と白のメランジカラーがダスティーな風合いを醸すニットジャケットは、オンを気軽に、オフを優雅に過ごせる五大陸のカジュアルレーベル「1992 by gotairiku」からのコレクション。テーラード型だが袖の飾りボタンを排するなど、カーディガン型の着やすいモデルだ。伸縮性に富み保型性に優れるラッセル編みのニットは、シワにならずメッシュのように通気性に優れるため、いつでもどこでも上品なスタイリングに。Tシャツの上からも気軽にはおれて、自宅での洗濯にも対応する。
STYLE.05 春/ジャケットの装い 春夏のジャケットスタイルは、軽やかな素材感で差をつけたい。イタリア生地のサマーブークレーは、パイル地のように素肌に優しい素材。そのうえ、汗ばむ季節にも肌に張り付かずドライで快適だ。ウインドウペーン柄と調和する白いTシャツにコットンパンツ、ネイビー柄のネッカチーフを添えて、マリンを感じさせる大人の夏スタイルを。
STYLE.06 春/セットアップスーツの装い ベージュのセットアップはストレッチの効いたコットン×リネン。洗い加工でよりダスティーなトーンとなっているため、カットソー&スニーカーでカジュアルな着方が似合う。ここではカーキのスキッパーを合わせて同系色の装いに。色数を抑えたコーディネートはシックなムードを漂わせ、足元をスニーカーにしても大人の落ち着きあるスタイルとなる。胸ポケットにも、やはり同系色のブラウン柄のチーフを挿してドレッシーな気分もお忘れなく。
STYLE.07 春/ニットのTシャツとスキッパー 春夏のトップス一枚スタイルは、大人のエレガンスを保つため素材選びを慎重に。コットンベースのTシャツやスキッパーは、透けにくいダークカラーが基本となる。素肌に快適なシャリ感ある素材使いも、清涼感の決め手だ。襟元が開きすぎるのは、だらしない印象を与えてしまうため、ネッカチーフを巻くなどすれば、大人の品格も保たれる。
MASTHEAD Editor at large
Teruhiro Yamamoto(AERA STYLE MAGAZINE)

Editor
Shingo Fujioka,
Yosuke Fujimori(AERA STYLE MAGAZINE)

Photographer
Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)

Stylist
Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)

Hair
Akino@Llano Hair(3rd)

Make-up
Riku(Llano Hair)

Illustration
Michiharu Saotome

Text
Yasuyuki Ikeda(04)

Web Direction
Ryo Imura(SUNDAY VISION)

Art Direction & Design
Shinsuke Koshio(SUNDAY VISION)