しゃがれ声の吟遊詩人が「Blowin’ In The Wind」を初めて歌ったころ、世界にはどんな風が吹いていたのか。50年以上が経ったいまとなっては、その答えはもちろん風の中にしかない。眩いばかりの1950年代を通り過ぎ、1960年代は、誰しもが次の何かに向けて舵を切ろうとしていた。ポエトリーを朗読するアレン・ギンズバーグ、小説「On The Road」を書いたジャック・ケルアック。変わる時代の速さに乗せて、言葉という武器を繰り出し続けた男たちが、ヒップスターと呼ばれたころだ。そして彼らは、新しい価値を探し続けて、旅の路上に立ち続けた。

「五大陸」はその名のとおり、大陸を越え、時を超えて、知的な男たちのスタイルを追い求めてきた。2018年春夏のテーマは、まさにあの時代、ビートジェネレーションである。アメリカの中西部を旅するルート66の路上で見た、荒野の色、吹く風の色。

“COOL”と呼ばれる新しいジャズに埋め尽くされた都会の夜を闊歩した男たち。彼らは、ジェットセッターという言葉が生まれる前から、東海岸と西海岸を往来していた。凛々しくあること、機能的であること。ファッションにその両方が求められるようになったのは、いまに始まったことではない。

「Blowin’ In The Wind」には、次のような一節がある。「いったいどれくらいの道を歩めば、一人前の男と認められるのだろう」。スタイルを究める道程に、終わりはなさそうである。

2018年 春
AERA STYLE MAGAZINE編集長
山本晃弘
STYLE.01 夏/セットアップスーツとコートの装い カジュアルセットアップは普段着として、ドレスコードが許せば仕事着としても有効な大人の男のワードローブ。Tシャツ&スニーカーでラフに着るのはもちろんのこと、タイドアップして着ることもできる。カーキのセットアップスーツはコットン×リネンの混紡にストレッチを利かせ、洗い加工でダスティーなトーンを施している。着古したエイジング感をエレガントに着るためには、シルクのポケットチーフをクラッシュで挿して。繊細な色柄が、味わいのある素材感のなかにドレス気分を足してくれる。

※トップ画面でも着用。

  • ジャケット[BRGOYM0501]¥30,000+税
  • Tシャツ[KRGOYM0402]¥7,900+税
  • チーフ[AS1AYM0402]¥7,500+税
  • パンツ[PPGOYM0311]¥17,000+税
  • シューズ[SE1AHM0404]¥22,000+税
STYLE.02 夏/ハーフスリーブシャツ ボタンダウンカラーのハーフスリーブシャツには、高品質で知られるハードマンズ社のリネン素材が採用されている。レトロな発色のダスティーチェックは、1940〜50年代に流行したもの。いまでは定番の格子柄も、当時は若者の反抗のシンボルとされていたという。細身で現代的なシルエットは、夏のデイリーカジュアルに。襟ボタンを開けて着くずすのは、ささやかな大人の反抗のシンボルかもしれない。
  • シャツ[HSGOYM0401]¥14,000+税
STYLE.03 夏/ネイビージャケットの装い 今年のスーツ&ジャケットのトレンドは「機能性」。なかでも「自宅で洗濯できる」という機能性は素材開発や技術面でも実力があることを物語るものだ。もちろん五大陸でもウォッシャブルアイテムを多彩にリリースしている。ネイビージャケットは、表面感あるマイクロチェックの一枚仕立て。グレンチェックのスラックスは洗えるウール100%で、クリースが取れにくいシロセット加工が施されている。ジャージー素材の半袖ドレスシャツは、ノータイでも襟がだらしなく開かないボタンダウンカラー。クールビズには一枚でも、ジャケットの中にも着ることができる。自宅で洗えるビズウエアで、いつでも清潔で快適なクールビズを。
  • ジャケット[BZGOYM0301]¥36,000+税
  • シャツ(左)[KHGOYM0501]¥10,000+税
  • シャツ(右)[KHGOYM0502]¥10,000+税
  • チーフ[AS1AYM0202]¥4,800+税
  • パンツ[PPGOYM0203]¥19,000+税
  • ベルト[YR1AHM0001]¥8,900+税
STYLE.04 夏/ドレスシャツ 盛夏のドレスシャツには、ジャケットを着なくてもシワを気にせず着られたり、見た目にも着心地にも清涼感を求められるなど、さまざまな要素があってほしい。「サマープレミアムプリーツ」は強撚糸を用いたピケ織りのシャツシリーズ。生地に立体感があり、汗をかいた素肌に張りつかず、通気性にも優れているのでさらりと快適な着心地を誇る。西陣織のタイにも強撚した駒糸を用いており、夏のVゾーンに清涼感を添えてくれる。夏でもジャケットやタイの着用が望ましいビジネスマンには心強い味方となるだろう。
  • シャツ(左上)[HDGOYM0405]¥11,000+税
  • シャツ(右上)[HDGOYM0408]¥15,000+税
  • シャツ(左下)[HDGOYM0406]¥11,000+税
  • シャツ(右下)[HDGOYM0407]¥15,000+税
  • タイ左から
  • [TRGOYM0401]
  • [TRGOYM0405]
  • [TRGOYM0405]
  • [TRGOYM0403]
  • ¥10,000+税
MASTHEAD

Editor at large
Teruhiro Yamamoto(AERA STYLE MAGAZINE)

Editor
Shingo Fujioka,
Yosuke Fujimori(AERA STYLE MAGAZINE)

Photographer
Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)

Stylist
Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)

Hair
Akino@Llano Hair(3rd)

Make-up
Riku(Llano Hair)

Illustration
Michiharu Saotome

Text
Yasuyuki Ikeda(04)

Web Direction
Ryo Imura(SUNDAY VISION)

Art Direction & Design
Shinsuke Koshio(SUNDAY VISION)

しゃがれ声の吟遊詩人が「Blowin’ In The Wind」を初めて歌ったころ、世界にはどんな風が吹いていたのか。50年以上が経ったいまとなっては、その答えはもちろん風の中にしかない。眩いばかりの1950年代を通り過ぎ、1960年代は、なにか新しい価値を見つけようとしていた。ポエトリーを朗読するアレン・ギンズバーグ、小説「On The Road」を書いたジャック・ケルアック。変わる時代の速さに乗せて、言葉という武器を繰り出し続けた男たちが、ヒップスターと呼ばれたころだ。そして彼らは、新しい価値を探し続けて、旅の路上に立ち続けた。

「五大陸」はその名のとおり、大陸を越え、時を超えて、知的な男たちのスタイルを追い求めてきた。2018年春夏のテーマは、まさにあの時代、ビートジェネレーションである。アメリカの中西部を旅するルート66の路上で見た、荒野の色、吹く風の色。

“COOL”と呼ばれる新しいジャズに埋め尽くされた都会の夜を闊歩した男たち。彼らは、ジェットセッターという言葉が生まれる前から、東海岸と西海岸を往来していた。凛々しくあること、機能的であること。ファッションにその両方が求められるようになったのは、いまに始まったことではない。

「Blowin’ In The Wind」には、次のような一節がある。「いったいどれくらいの道を歩めば、一人前の男と認められるのだろう」。スタイルを究める道程に、終わりはなさそうである。

2018年 春
AERA STYLE MAGAZINE編集長
山本晃弘
STYLE.01 夏/セットアップスーツとコートの装い カジュアルセットアップは普段着として、ドレスコードが許せば仕事着としても有効な大人の男のワードローブ。Tシャツ&スニーカーでラフに着るのはもちろんのこと、タイドアップして着ることもできる。カーキのセットアップスーツはコットン×リネンの混紡にストレッチを利かせ、洗い加工でダスティーなトーンを施している。着古したエイジング感をエレガントに着るためには、シルクのポケットチーフをクラッシュで挿して。繊細な色柄が、味わいのある素材感のなかにドレス気分を足してくれる。
※トップ画面でも着用。
STYLE.02 夏/ハーフスリーブシャツ ボタンダウンカラーのハーフスリーブシャツには、高品質で知られるハードマンズ社のリネン素材が採用されている。レトロな発色のダスティーチェックは、1940〜50年代に流行したもの。いまでは定番の格子柄も、当時は若者の反抗のシンボルとされていたという。細身で現代的なシルエットは、夏のデイリーカジュアルに。襟ボタンを開けて着くずすのは、ささやかな大人の反抗のシンボルかもしれない。
STYLE.03 夏/ネイビージャケットの装い 今年のスーツ&ジャケットのトレンドは「機能性」。なかでも「自宅で洗濯できる」という機能性は素材開発や技術面でも実力があることを物語るものだ。もちろん五大陸でもウォッシャブルアイテムを多彩にリリースしている。ネイビージャケットは、表面感あるマイクロチェックの一枚仕立て。グレンチェックのスラックスは洗えるウール100%で、クリースが取れにくいシロセット加工が施されている。ジャージー素材の半袖ドレスシャツは、ノータイでも襟がだらしなく開かないボタンダウンカラー。クールビズには一枚でも、ジャケットの中にも着ることができる。自宅で洗えるビズウエアで、いつでも清潔で快適なクールビズを。
STYLE.04 夏/ドレスシャツ 盛夏のドレスシャツには、ジャケットを着なくてもシワを気にせず着られたり、見た目にも着心地にも清涼感を求められるなど、さまざまな要素があってほしい。「サマープレミアムプリーツ」は強撚糸を用いたピケ織りのシャツシリーズ。生地に立体感があり、汗をかいた素肌に張りつかず、通気性にも優れているのでさらりと快適な着心地を誇る。西陣織のタイにも強撚した駒糸を用いており、夏のVゾーンに清涼感を添えてくれる。夏でもジャケットやタイの着用が望ましいビジネスマンには心強い味方となるだろう。
MASTHEAD Editor at large
Teruhiro Yamamoto(AERA STYLE MAGAZINE)

Editor
Shingo Fujioka,
Yosuke Fujimori(AERA STYLE MAGAZINE)

Photographer
Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)

Stylist
Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)

Hair
Akino@Llano Hair(3rd)

Make-up
Riku(Llano Hair)

Illustration
Michiharu Saotome

Text
Yasuyuki Ikeda(04)

Web Direction
Ryo Imura(SUNDAY VISION)

Art Direction & Design
Shinsuke Koshio(SUNDAY VISION)