BLOG

STYLE from Instagram 4.20

18.04.20

421.JPG

SUIT [ the STANDARD ARCHIVES ] SR 0144-035(シングル)

¥99,000+TAX

(写真のデザインはパターンメイドでアップチャージにて対応可)

 

SHIRT [ gotairiku ] HD 0202-101

¥14,000+TAX  ご購入はこちら

 

TIE [ gotairiku ] TR 0154-101

¥8,900+TAX ご購入はこちら

 

今年のトレンドカラーと言いますか、ちょっと取り入れてみたいカラーに「ピンク」があります。

変にパステルっぽい明るいピンクではなく、ちょっとくすんだサーモンピンク。

ブラウンやチャコールグレーと相性のいいこんなサーモンピンクは、ちょっとクラシック過ぎるかなって時にほんのり甘さを加えてくれます。

例えばこんなダブルブレストや、ダークカラーの3ピーススーツなんかに。

僕は基本ネクタイではしゃぐのは好きでなないので、あまり連発するのはおすすめしませんが、時々はこんな優しい色もありかなと思います。

 

五大陸  Instagram

https://www.instagram.com/gotairiku1992/

from Yuji Ohata

記事URL↑ページトップ

STYLE from Instagram 4.17

18.04.17

418.JPG

COAT [ 1992 by gotairiku ] CM 0102-075

¥46,000+TAX 

 

KNIT [ 1992 by gotairiku ] KR 0203-001

¥14,000+TAX  ご購入はこちら

 

DENIM TROUSERS [ 1992 by gotairiku ] PP 0302-075

¥19,000+TAX ご購入はこちら

 

今シーズンの五大陸は製品洗い加工をしたアイテムが充実しています。

 

少しゆったりとしたシルエットのこのコートは、製品染めをしさらにバイオウォッシュ加工を施したもの。こんな風にニットやカットソーの上からバッサっと羽織る。コートは寒いから着る、って感じよりもジャケット感覚で風をはらみながら着るのが今シーズンの気分です。

 

インナーのニットは綿と麻の混紡糸をで編まれたざっくりとしたシルエットで、アウターなしでもコーディネートが決まりやすいアイテムです。

 

キレイ目に大人っぽく着こなすなら、5ポケットのジーンズではなくこちらのデニムスラックスがおすすめ。僕は裾上げをせずロールアップするのが好きですね。ストレッチのデニム生地に大人しめのストーンウォッシュをかけていて、スリムテーパードのシルエットですが履き心地は最高です。

 

白いアイテムでちゃんと「抜き」を作ったら、あとはネイビーのグラデーションでコーディネートするだけ。ラフで清潔感あるスタイリングの完成です。

 

五大陸  Instagram

https://www.instagram.com/gotairiku1992/

from Yuji Ohata

記事URL↑ページトップ

STYLE from Instagram 4.11

18.04.11

411.JPG

JACKET [ 1992 by gotairiku ] BR 0201-010

¥56,000+TAX  ご購入はこちら

 

SHIRT [ gotairiku ] HD 0202-101

¥14,000+TAX  ご購入はこちら

 

TIE [ gotairiku ] TR 0154-101

¥8,900+TAX

 

POCKET CHIEF [ gotairiku ] 

¥4,000+TAX ご購入はこちら

 

COTTON VEST [ 1992 by gotairiku ] VR 0301-801

¥15,000+TAX

 

TROUSERS [ 1992 by gotairiku ] PP 0201-003

¥18,000+TAX ご購入はこちら

 

灼けたオレンジが色あせたようなパステルカラーのジャケット。素材はイタリアの「タリア・デルフィーノ」。ウール/リネン/シルクの上質な素材感と、イタリアメーカーならではの絶妙なカラーで人気の素材です。五大陸では毎シーズン、色柄を変えてリリースしています。

 

よくこういうジャケットは何を合わせたらいいの?と聞かれるんですが、もう迷わずグレーのウールパンツを合わせて下さい。明るいグレーでもチャコールグレーでもなく、ミディアム・グレーです。

僕は夏のジャケットスタイルはこればっかり。足元はインナーソックスにローファーが多いので、スーツや秋冬のパンツよりも少し短めに裾上げします。それでいてビシッとタイドアップ。

 

キチンとしたVゾーンと明るい色のトップス、そして軽快な足元。ラフ過ぎず固過ぎず。

ジャケットスタイルをオシャレに着こなすポイントかなと思います。

 

五大陸  Instagram

https://www.instagram.com/gotairiku1992/

from Yuji Ohata

記事URL↑ページトップ

STYLE from Instagram 4.06

18.04.07

407.JPG

COVERALL JACKET [ 1992 by gotairiku ] JR 0101-033

¥36,000+TAX  ご購入はこちら

 

KNIT T-SHIRT [ 1992 by gotairiku ] KR 0402-003

¥7,900+TAX  ご購入はこちら

 

COTTON VEST [ 1992 by gotairiku ] VR 0301-833

¥15,000+TAX

 

COTTON/LINEN PANTS [ 1992 by gotairiku ] PP 0301-854

¥17,000+TAX ご購入はこちら

 

カバーオールを使ったスタイルは、色数を減らしてこんな風にカラーグラデーションでまとめると、グッと大人っぽいカジュアルスタイリングが完成します。

 

これから夏に向かって派手に差し色を使いたくなる気持ちを抑えて、とにかく似たような色の濃淡で合わせてみて下さい。少々の色味の違いは気にしなくてもOK。その代わりインナーには出来るだけ白っぽいものを。全体を中和してくれて、コーディネートがまとまりやすくなります。

今回のコーディネートは、トップスはグレーっぽい薄いベージュ、ボトムはオリーブ、ベストはトップスより少し濃いめのベージュ、ニットTはほぼ白に近いライトグレーです。

 

春になると早く軽いアウターが着たいけど、まだまだ夜は肌寒いもの。そんな時はやっぱりベストが大活躍してくれます。

ちなみこのスタイリングに使ったアイテム、全てストレッチ素材。軽快そのもの。笑

さらにベスト以外は全て家庭選択OK。花粉も綺麗に落とせます!(今年の花粉 ツライ...)

 

五大陸  Instagram

https://www.instagram.com/gotairiku1992/

from Yuji Ohata

記事URL↑ページトップ

STYLE from Instagram 4.04

18.04.04

404.JPG

SUIT [ The STANDARD ARCHIVES ] SR 0172-430

¥150,000+TAX

 

TIE [ gotairiku × Stephen Walters ] TR 0201-802

¥14,000+TAX  ご購入はこちら

 

SHIRT [ gotairiku ] HD 0201-001

¥14,000+TAX ご購入はこちら

 

Pocket Chief [gotairiku]

¥3,000+TAX ご購入はこちら

 

スーツの素材はSuper 120's原料使用、国内有数の毛織メーカー「御幸毛織」のピンヘッド。天然木、天然石鹸を使ったスペシャルな仕上げで、柔らかな風合いと美しい光沢感が特徴の一着です。今シーズンの一押しカラーでもあるグレージュのスーツは、派手過ぎずベーシック過ぎず、ビジネスにも取り入れやすいカラー。こちらはスタンダードアーカイブスのラインになります。

 

タイとチーフはアイボリー系でまとめて、すっきりとまとめるのが今シーズンの気分です。僕はビンテージのカラーバーでゴールドのアクセントを付けてます。ポケットチーフは、クラシックなTVホールドもいいですけど、せっかく春なのでシルクの無地チーフを軽くパフで。気分もスタイリングも軽やかに行きたですね。

 

五大陸  Instagram

https://www.instagram.com/gotairiku1992/

from Yuji Ohata

記事URL↑ページトップ

PAGE TOP