//- ロゴ //- ロゴ ONWARD ONWARD //- 気球 気球 //- 気球2 気球 //- 矢印 > 矢印 //- 矢印 ∨ 矢印 //- 矢印 > 矢印 //*---- ▼ ここからSNS ----*// //- Facebook アイコン facebook //- Facebook アイコン END //- Facebook アイコン facebook //- Facebook アイコン END //- Google + アイコン Google + //- hatebu アイコン hatebu //- hatebu アイコン END //- Instagram アイコン Instagram //- Instagram アイコン END //- LINE default ver アイコン LINE //- LINE default ver アイコン END //- LINE mask ver アイコン LINE //- LINE mask ver アイコン END //- Pinterest default ver アイコン Pinterest //- Pinterest default ver アイコン END //- Pinterest mask ver アイコン Pinterest //- Pinterest mask ver アイコン END //- Tumblr アイコン Tumblr //- Tumblr アイコン END //- Twitter アイコン Twitter //- Twitter アイコン END //- YouTube default ver アイコン Youtube //- YouTube default ver アイコン END //- YouTube text ver アイコン Youtube //- YouTube text ver アイコン END //- WEAR アイコン WEAR_ロゴ //- WEAR アイコン END
JOURNAL
旅する五大陸 - 第五章 日本発世界服
A GENTLEMANS ODYSSEY
旅する五大陸 - 第五章 日本発世界服

Share

こんにちは。奥山です。

「A GENTLEMANS ODYSSEY〜旅する五大陸〜」、
英国、フランス、イタリア、そしてアメリカと巡った旅も
ついに終着地、日本へと戻ってきました。

まずは日本のスーツの歴史から振り返ってみましょう。
もともと和装だった日本人がスーツを着るようになったのは、
鎖国が終わった明治維新以降。
明治20年ごろから、背広として一般の人々にも広がりはじめますが、
まだ礼服としての意味合いが強いもので、スーツはオーダーで誂えるものでした。
第二次世界大戦後、機械による大量生産化が進み一般に普及し、
日本の男性のスタンダードな装いとして定着しました。

1960年代には前回取り上げたアイビールックが流行り、
1980年代のバブル期に入るとイタリアンブランドブームが到来し、
ダブルのスーツや太めのシルエットのスーツが主流となりました。
さらに1990年代中盤からクラシコイタリアが台頭し、
クラシックなスーツスタイルに
注目が集まっていきました。
そして現在ではスーツのカジュアル化が進み、クールビズやジャケパンなど、
多様なスタイルで着こなされています。

例えば、ストレッチや撥水性などの機能系素材をスーツに取り入れ、
より着心地をよくしたスーツを生み出したのは日本のメーカー。
世界のスーツブランドも今ではその後追いをするようになり、
スーツの機能性をより追求したものを作るようになりました。

img_191205_01.jpg
 

こうした日本のスーツの変遷の中で、五大陸は1992年秋にデビューしました。
今までこの連載で巡ってきた「英国の伝統」「フランスの華やぎ」
「イタリアの域」「アメリカの合理性」、これらすべてを理解したオンワードが、
「日本の繊細」によって仕立てる新時代のスタンダードを生み出すブランドとして
スタートしたのです。

そのブランドコンセプトは、「東京発国際服」。

西洋から取り入れたスーツという文化に対し、日本ならではの柔軟な思考で解釈し、
各国のいいところを取り入れながら、日本のライフスタイルに合うものを生み出し、
世界に向けて新たなスタンダードを発信していきました。

img_191205_02_a.jpg

今期の五大陸のスーツにもこのコンセプトは受け継がれています。
その代表がこのレトロテックのスーツ
レトロテックは現在では毛織物で使われなくなった綛染め(かせぞめ)と呼ばれる
糸を束ねた状態で染める技法を採用しています。

原料がリラックスした状態で染めるため、ウール本来のクリンプが保たれ
ストレッチ性が出るのが特徴です。ふくらみのある風合いで光沢感も増し、
さらにシルクをブレンドしているので、高級感のある見た目で
ジェントルなスタイルが叶います。
まさに日本でしか作れない、国際スーツと言えるでしょう。

>五大陸のスーツはこちら

英国から始まったスーツの旅も終着地の日本へとたどり着きました。
今回で「A GENTLEMANS ODYSSEY〜旅する五大陸〜」の各国を巡る旅は終了となりますが、
次回は男性にとってのスーツや五大陸の今について、
特別編として二人のキーマンにお話を伺い、深掘りします。

お楽しみに!



奥山泰広(おくやま やすひろ)プロフィール

okuyamayasuhiro_img_450.jpg

編集プロダクション POW-DER 代表。男性月刊誌『Begin』の編集長を経て、『THE RAKE』や 『AERA STYLE MAGAZINE』『MADURO』『MEN’S CLUB』などの男性誌やブランドカタログ、 企業会報誌などを手がけている。

http://www.pow-der.jp/


イラスト/新地健郎、平沼久幸